• ホーム
  • 低用量ピルトリキュラーでPMS改善

低用量ピルトリキュラーでPMS改善

笑顔の女性

トリキュラーは低用量ピルの中でも最も人気があると言われているほど、使用者数の多いピルです。
目的としては避妊効果のために使用している人が大半ですが、そうした理由で服用を始めた人の中にはPMSが改善されたという効果を感じる人も多いようです。

トリキュラーにはエチニルエストラジオールという卵胞ホルモンとレボノルゲストレル」という黄体ホルモンが配合されています。
このふたつの女性ホルモンは、もともと女性の体の中で分泌されているものですが、トリキュラーの内服により体内に取り入れることで、体の状態が変化していきます。

まずトリキュラーに含まれている女性ホルモンがあることで、体に必要なホルモン量を満たすことになるので、自分の体の内部ではホルモン分泌が行われなくなります。
これが体にとっては大きな変化で、ホルモン分泌がないということで排卵の抑制効果が発揮されます。
排卵が起きないと、妊娠に備える必要がないと判断され、子宮内膜の増殖も抑制する効果があらわれます。
その結果、生理自体も軽くなり、少量の出血をするだけという状態になります。

このようにホルモンがトリキュラーによって補給されている状態では、ホルモン量が安定しホルモンバランスも乱れが起きにくくなるというメリットもあります。
通常PMSの症状が起こる時というのは、生理前でホルモンバランスが大きく変化をする時です。
この時にもトリキュラーを使用しているとホルモンバランスが安定するので、PMSの症状が起こりにくくなったり、軽くなったりするのでしょう。

最初は避妊効果を出すためにトリキュラーの服用を始めた人でも、こういった他のメリットがあるということを体感すると、避妊をする必要がなくなってもトリキュラーの服用を続けるという人もいます。
特にPMSの症状が重かった人や生理痛が重かった人は、トリキュラーを服用することでそういった症状を起こさずにすみます。
トリキュラーには避妊以外の効果もあることを覚えておきましょう。

トリキュラーの避妊効果は絶対?

このようにメリットの多いトリキュラーですが、本来の大きな目的である避妊に対しても、非常に高い確率で避妊ができるという優秀な薬です。
避妊方法としては、他にもいくつかの方法がありますが、トリキュラーはほぼ100%の効果があると言われています。

トリキュラーに含まれるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレル」により、排卵が起こらない状態になります。
そうすると性行為を行い精子が体内に入っても、受精卵ができることがありません。
コンドームなどの方法だと排卵が起きている体の中に精子が入らないようにするという方法です。
そのため、コンドームが破れてしまうと受精卵ができてしまう可能性があるということです。
それに比べると、排卵がないということで高い避妊効果を出せていると言えるでしょう。

しかし、これは排卵が起きないようにコントロールできている時の避妊効果です。
飲み忘れなどがあると、排卵が起こる可能性が高くなるので、避妊効果も下がってきます。
実際にトリキュラーを使っていても、多くの人が飲み忘れを経験しており、そのことが避妊効果を下げています。

またトリキュラーを飲み始めたばかりの人は、すぐには避妊効果が出ないと思っておいたほうが良いでしょう。
数回服用しただけでは、まだ体に変化が起きていない可能性があるので、きちんと避妊効果を出したいのであれば、数日間続けて服用をする必要があります。
排卵が起きているかどうかは、確認することが難しいので、服用を始めてからしばらくは他の避妊方法も併用しましょう。

もしもトリキュラーの服用を続けている場合でも飲み忘れをした時には、念のためピル以外の避妊法も行うようにすると安心できます。