• ホーム
  • マーベロンでニキビが改善するのはなぜ?

マーベロンでニキビが改善するのはなぜ?

嬉しく笑っている女性

マーベロンは経口避妊薬で、第3世代低用量ピルになります。
有効成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのデソゲストレルが配合されていて、これらの女性ホルモンが補充されると卵胞を休眠したり、子宮内膜の成長を抑制することが可能です。
粘液の粘度強化などの変化が体に起きることにより、避妊に適した状態にすることができます。
一相性になるマーベロンは錠剤に配合されている女性ホルモン量が統一されていて、服用する順番が記載されており、21錠のマーベロンならどのような順番でも服用しても効果を発揮することが可能です。
マーベロンは1シートにおいて21錠と28錠があり、この21錠と28錠にある7錠の差は有効成分のないプラセボ錠になります。
休薬期間を分かりやすくするのに飲む錠剤で、服用の有無は効果に関係ありません。

マーベロンが持つエチニルエストラジオールとデソゲストレルによって、いろいろな効果を発揮することが可能です。
例えば生理痛緩和や肌荒れ、ニキビ、多毛症も改善することができます。
子宮内膜の収縮を抑制することができたり、子宮内膜がはがれる痛みなどを軽減することが可能です。
ホルモンが安定するので肌荒れがなくなり、化粧ノリも良くなるでしょう。
ニキビが出来やすくなるのにホルモンバランスの乱れがあり、生理前になるとニキビがでる人も多くいます。

マーベロンはホルモンバランスを整えることでニキビができにくくなる特徴があり、美肌作りもサポートします。
ほぼ100%の高い避妊効果があるので、パートナーに頼らなくても避妊することができます。
生理移動を行うことができ、生理の来る日が分かるので旅行やイベントなどのスケジュールに合わせて開始日を決めることが可能です。
出血量を減らすことができ、夜漏れの心配もなくなります。
生理が原因による貧血のふらつきやめまいの改善にも繋がるでしょう。
特に生理痛が酷い人が利用していて、子宮内膜の収縮によるはがれる痛みを緩和してくれるので便利です。

気になるマーベロン服用のメリットとデメリット

マーベロンにはいくつかメリットとデメリットがあります。
メリットは月経不順に悩む人の場合、飲み始めることでホルモンバランスを整えられるので、同じ時期に生理がくるようになり月経周期を調整し開始日をずらすことが可能です。
旅行や出張などの予定からどうしても生理がきてほしくない時に役に立ちます。
生理を早めたい場合は開始1日目~5日目までに飲み始め、生理が来て欲しい2日前に服用をやめると始まる仕組みです。
但し、その前から服用していることが条件になるので、開始日をいきなりずらせるということはないでしょう。
遅らせる場合は予定日の5~7日前から遅らせたいその日まで飲み続け、同じく服用をやめ2日後に生理が始まるのでこれも事前にピルを服用する必要があります。
生理痛緩和に対応していて、生理痛に悩んでいる多くの人が利用しています。

デメリットとして血栓症のリスクがあり、通常血管に血液の固まりができることを血栓症と言いますが、本来傷口を止血する役割があるものです。
血液がサラサラでないと血栓が溶けず血管で詰まってしまうケースがあり、このような状態から心筋梗塞といった循環器系の病気を起こす原因にもなります。
特にタバコを吸っている人はマーベロンなどのピルを服用すると、血栓症のリスクが高まると言われていて場合によってピルを服用する前に禁煙をすることもあるでしょう。
高い避妊効果を得ることができますが、性感染症に関しては防げないことがあげられます。
避妊効果はほぼ100%ですが性感染症を防ぐ能力はなく、性交渉の際コンドームなどを使用することが大事です。
基本的に病気などの治療として必要であると判断されないとマーベロンの処方について保険は適用されません。
メリットやデメリットを考慮して服用することをおすすめします。