• ホーム
  • アイピルは病院でも処方されるアフターピル

アイピルは病院でも処方されるアフターピル

カプセルと瓶と葉

アイピルはアフターピルや、モーニングアフターピルと言われるタイプのピルです。
通常、ピルで避妊を行う場合は、毎日同じ時間帯に服用を続ける必要があります。
続けることで体内の女性ホルモン量を一定にキープし、排卵をストップさせ避妊の効果を得ることができます。

一方、アイピルは緊急的に服用しても、避妊できるのが特徴です。
性交渉を行ってから約72時間以内に服用できれば、高い確率で妊娠を避けられます。
避妊に失敗してしまったというときだけでなく、性被害に遭ってしまったというケースで、アイピルは女性の身体を守ってくれます。
望まない妊娠を避けるためにも、アイピルの知識を身に着けておくと良いでしょう。

通常のピルは産婦人科で処方してもらえますが、アイピルも産婦人科であれば取り扱っている可能性が高いです。
ただ、注意したいのは産婦人科で購入するという場合、事前に入手するということが難しいという点です。
産婦人科の場合は医師の処方箋が無くては、医薬品を購入することはできません。

アイピルはその特性上、万が一のときに備えて事前に準備しておいたほうが、女性にとっては心強い存在となります。
例えば性被害に遭ってから産婦人科を受診して、アイピルを処方してもらうとなると、性交渉を行ってから時間が経ってしまいます。
性交渉を行ってから約72時間以内に服用するのが良いと言われているアイピルですが、実は服用のタイミングが早ければ早いほど避妊できる確率がアップします。

トラブルが起こってから産婦人科に行って処方してもらうとなると、時間的なロスが気になるでしょう。
そこで活用したいのが個人輸入サイトからの通販です。
個人輸入サイトでは海外から医薬品を輸入し、購入者まで届けるサービスを提供しています。
インターネット通販ですので、医師の処方箋が無くてもアイピルを注文することが可能です。

個人輸入サイトの通販で購入しておけば、前もってアイピルを入手することができるので、いざというときに、すぐ服用できるというメリットがあります。

アイピル、通販と病院処方の値段はどれくらい違う?

産婦人科で処方してもらう以外に、アイピルは個人輸入サイトで注文して手に入れるという方法もあります。
事前にアイピルを購入できるという点で考えると、個人輸入サイトの活用はメリットがあると言えるでしょう。
さらに、価格の面を比較してみても病院処方と通販とでは、大きな違いがあるようです。

元々、アイピルはジェネリック医薬品ということもあり、病院で処方してもらう場合も他のアフターピルと比べてもリーズナブルと言われています。
アイピル自体の価格は約1万円前後で、これに初診料や診察料などの金額がプラスされます。
実はアイピル、日本国内の病院で処方してもらうという場合は自由診療です。
健康保険が適用されないため、クリニックによって金額に差があります。
平均すると1万5000円から3万円程度の費用が必要となるようです。

薬1錠分の価格としては、決して安いとは言えない値段です。
一方、個人輸入サイトの通販から購入した場合の相場は、1錠につき約1000円から2000円程度とかなりリーズナブルです。
これだけ価格に差があると「本物なの?」と疑ってしまいがちですが、信頼できる個人輸入サイトであれば必ず正規品を取り扱っています。
本物のアイピルが病院で処方される価格の約10分の1程度で買えるとなると、お得と言わざるをえません。
価格面を比較すると病院よりも、個人輸入サイトに軍配が上がります。

また、病院の場合はアイピルをまとめて処方することはしないため、1回ずつ受診して処方箋を出してもらう必要があります。
個人輸入サイトの場合は、まとめて購入することも可能です。
まとめて買ったほうが、より価格が安くなる傾向にあります。
家にいながら医薬品を入手できるという点も、個人輸入サイトならではのメリットです。