• ホーム
  • アイピルの飲むタイミングは?効果は絶対?

アイピルの飲むタイミングは?効果は絶対?

オレンジのカプセルを持っている女性

アイピルは緊急避妊薬と呼ばれる種類の薬です。
他の避妊法に比べると、性交渉をした後に使うという点が特徴的です。
そのため、性交渉により既に体内に精子が入ってしまった状態であり、できる限り早く避妊効果を出さなくては、妊娠が成立してしまいます。

アイピルが必要になる時というのは、避妊をせずに性交渉をもった時や、避妊失敗をした時です。
理由としては色々なことがあげられますが、避妊をする必要がないと思っていたり、合意がなく強引に性交渉をさせられたという場合もあります。
よくあるのは、コンドームを使用して避妊をしたつもりだったが、性交渉が終わった後に見ると、コンドームが破れて避妊失敗していたという事故的なものです。

そういった時には普通のピルを使っても避妊効果はだせないので、緊急避妊薬を使う必要があります。
緊急避妊薬には低用量ピルよりも多くの黄体ホルモンが含まれています。
そのため、アイピルを服用した後に、急激に体に変化を起こします。
まず黄体ホルモン量が増えることで、排卵をしないよう働きかけます。
精子が体内にいる数日間の間は排卵が起こらないようにすれば、妊娠を抑制できます。

すでに排卵が起きてしまっていた時には、受精卵ができている可能性があります。
そのため、受精卵の着床を妨げるように子宮内膜を強制的に剥がす作用が働きます。
受精卵が着床してしまうと妊娠が成立してしまうので、その後にアイピルを服用しても避妊効果を出すことができません。

このようにアイピルを使う時には時間との戦いになります。
性交渉をしてしまったということは妊娠をする可能性があるということで、妊娠が成立する前に薬の効果を出さなくてはいけません。
そういった理由でアイピルを服用する時には72時間以内の使用が原則となっています。
72時間以内とはいえ、その範囲内でもできる限り早く服用するほうが、避妊効果が高くなることがわかっています。
避妊失敗した時には少しでも早くアイピルの服用をしましょう。

やっぱり心配!アイピルに副作用はない?

アイピルは性交渉をした後でも使えるということで、便利な一面があるピルです。
しかし、だからといって、性交渉前には避妊をしなくても良いというものではなく、アイピルには副作用もあります。
低用量ピルに比べると、含まれているホルモン量が多いため、副作用も強めに出るという特徴があります。
それは急激にホルモンバランスを乱すためにあらわれるものが中心になります。

まずアイピルに含まれる黄体ホルモンによる副作用が吐き気です。
これは黄体ホルモン量が多くなることで、妊娠中の体の状態に近づくからです。
妊娠初期にあらわれるつわりと同じような理由で吐き気が出ることがあります。
吐き気はそれだけで辛い症状ですが、強い吐き気がある時には、飲んだ薬を嘔吐してしまうこともあります。

他には頭が痛くなる、めまいがするといい症状があらわれることがあるので、程度が軽ければ我慢できるかもしれませんが、症状が強い時には無理せず体を休めるようにしましょう。
そして、できる限り仕事を休むなど、休める環境を整えることも大切です。
ほかにも眠気などの症状が出ることがあるので、やはり体を休ませて副作用がなくなるのを待つしかありません。

こういった症状が出た時には、吐き気に関しては吐き気止め、頭痛に関しては鎮痛剤など症状を和らげる薬を使うと効果が期待できます。
特に嘔吐は、内服後すぐに嘔吐してしまうと、薬の成分が吸収される前に体の外に出てしまいます。
しっかりとアイピルの効果を出したい場合には、嘔吐をしないように気をつけることが大切になってきます。

そのためにはアイピルの服用をする時に、同時に吐き気止めも飲むという方法がおすすめです。
吐き気が出ないようにするためには、最初の段階で薬を飲んでおくのが効果的でしょう。